« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

Suwaコラム12月28日

こんばんは、本日で今年の営業は終了致します。

今年は沢山のお客様に御来店頂だきまして、誠に有難う御座います。

来年も皆さんのパワーに負けないように、社員一同頑張りますの宜しくお願い致します。

|

SUWAコラム&お奨め商品

皆様ご無沙汰しています。

中々ブログの更新は出来ませんでしたが、お店のサイトは随時更新していますので、宜しくお願いします。

今日も、もちろん自分は雨の中自転車で通勤しましたが、こんな日はさすがに気が滅入りますね。

しかし、自分がオランダで走っていた頃は、雨だから自転車に乗らないというのは考えられませんでした。

オランダでは春先に、毎日雨の日が続く為、そんな甘い事言っていると乗る日が無いのです。

オランダ人は「雨だから・・・とか」、「寒いから・・・とか」理由付けは無く、日本人とは常識が全然違います。それは選手に限っての事ではなく、普通の人でもそうです。

おまけに傘をさす習慣が無く、あまり売っているのを見かけたことがありません。

オランダにいると、いかに日本人が弱いか思い知らされます。

日本のクラブチームですと、よく雨が降ると練習会は中止になりますが、オランダのクラブチームは中止になりません。時間通りに何も無かったようにみんな集まります。

春先のクラシックレースは、よく悪天候の中で戦われていますが、オランダ人を見ていると、毎日こんなことをしているので余裕なんだなと感じます。

さて、本日のお奨め商品です。

2006ツール・ド・フランスとCSCドキュメンタリーのオーバーカミングです。

内容はここでは教えられませんが、ぜひご覧になってモチベーションをあげて頂いてローラー台にでも乗ってください。

あまりに気合が入って、外に乗りに行って風邪をひいても、当店では責任を取れませんのでご了承下さい。

2006tour

Overcoming_1

2006ツール・ド・フランスは6,980円、オーバーかミングは4,300円です。

| | コメント (0)

ITM 101ハンドル

Imgp2744ITMのカーボンコンポジットハンドルに変えてみました。
今使っているDedaのニュートンが250gで、101は180gのため70gも軽くなります。

バイク総重量での軽量化(クランクやスプロケットなど)はお金がかかるわりにその効果が分かりにくいので興味が無いのですが、ホイール外周部(ここが軽いと本当に楽に加速します)やハンドル、サドル(バイクを振った感じが明らかに軽やかになります)は違いが明確に分かりやすいパーツなので出来れば軽い物を使いたいと思っています。

もっとも、ハンドルやサドルにはライトやバックを付けてしまうので、レースの時でないとその重量の恩恵を受けないのですが、、、。

使ってみた感じですが、剛性感はかなりあります。
ニュートンと遜色ないか、むしろ高いかもしれません。
不満の無いレベルです。

”軽さ”ですが、やはり軽いですね。
ダンシングする時はとても気持ちいです。
振動吸収性は明確に分かるレベルではなく、正直ニュートンとの違いが分かりません。

気になるお値段ですが、セキヤ価格30,750円!(定価40,950円)とかなり良い値段です。
ニュートンが10,100円ですが、その20,000円分に値する性能差があるかと言われれば?です。

それだけ予算があれば良いと思いますが、普通はその分ホイールやタイヤにまわす事をオススメします。

Imgp2741←ストラーダ(丸ハンドル)の420mmが入荷中です。

 

|

クロスギヤ

自分が使っているスプロケットはギヤがクロスしているものが多いです。
回転数をたとえば110-115に固定しようとすると、ギヤがクロスしていないと軽すぎたり、逆に重すぎたりするので走りづらいです。

基本的には、出力→回転数→ギヤという順番でどのようにペダリングするか決めます。
簡単に式を書くと、出力=回転数×トルク(踏む力の大きさ)なので、そもそもちょうど良いギヤが無ければ出力か回転数を調整しないといけません。

シマノだったら練習用には
14-25T(14-15-16-17-18-19-20-21-23-25)
15-25T(15-16-17-18-19-20-21-22-23-25)
レース用には
12-21T(12-13-14-15-16-17-18-19-20-21)
12-23T(12-13-14-15-16-17-18-19-21-23)
を使っています。

12-21TはD/Aのみ、12-23TはD/Aとアルテグラのみの設定になっています。
歯が小さいギヤは最初から重量が軽い為、チタン製である必要はあまり無いので
むしろ105とかで設定して欲しいです。
また、14-25T,15-25Tはアルテグラのみの設定です。

アルテグラには16-27T(16-17-18-19-20-21-22-23-25-27)というギヤもあり、上りをある程度の回転で上りたい場合におすすめです。

カンパにはベローチェの14-23T(14-15-16-17-18-19-20-21-22-23T)を使っています。
この構成はベローチェにしかありません。

インナーが42Tなので本当はローに25Tが欲しいのですが、カンパはローが25Tの構成は11-25T(11-12-13-14-15-17-19-21-23-25)か12-25T(12-13-14-15-16-17-19-21-23-25)しかなく、ギヤがクロスしません。最低でも18Tは欲しいところです。

あまり普段使わないトップのギヤを捨てて、20Tや22Tなどのギヤを増やすと格段に走りやすくなりますので、ぜひお試し下さい。

|

シーコン リフレクター2

最近10年間愛用してきたサドルバックが壊れてしまったので、シーコン リフレクター2に替えました。

Imgp2733魅力はワンタッチで脱着できる上に、サドルに装着するアダプターだけ別売りされている点です。
2台以上自転車を持っていると、その分だけサドルバックとその中身を揃えるのも大変なのでこれは助かります。
また、夜のImgp2735中原街道は無法地帯で、すごい勢いで車、オートバイに抜かされるため、サドルバック全体が反射素材でとても目立つこれは、走っている時に安心感を得られます。

このサドルバックは容量の違いによってロード用(394cc)とMTB用(695cc)の2種類あるのですが、自分は大きいほうのMTB用を使っています。

チューブ2本+工具もろもろが全て入ります。
ただ、サドルバックの前端部がすぼまっておらず、普通に装着するとペダリング時にとモモの裏に当たるのでサドルの一番後ろにアタッチメントを付けています。

シーコンは他にもモデルやカラーが多数あります。
在庫が無い商品は取寄せもできますので、お気軽にお申し付け下さい。

|

COGCOGU/コグコグ

Img_3957COG」を主宰する高島さんの走行会(COGCOGU/コグコグ)に参加してきました。

※COGCOGU/コグコグとは
クラブなどの集まりではなく、参加費無料で誰でも参加できる走行会でImg_3965 す。
日曜日と平日の週二回開催されています。
コースは
コグコグ、平日コグコグ:約30キロ、稲城の丘などのぼりアリのコース(今日行ってきたコースです)
もっとコグコグ:約85キロ、川崎街道→野猿街道→大垂水峠→相模湖→津久井湖→野猿街道
と二通りあります。
不安な方はまず短めのコースに参加して、様子を見ると良いと思います。

今日は朝こそ寒かったものの天気は良く、高島さん夫妻と3名の男性ライダー、そして諏訪、御器谷の7名で楽しく走れました。

最初、いいペースで高島さんが先頭を引くので、「このペースで走ったら登りでチギれる」という不安が頭をよぎりました。
高島さんに「僕が先頭引きますよー」と言いつつ、先頭に出て密かにペースダウンする、というシブイ作戦で難を逃れましたがなかなか焦りました。

でも普段はそれほど速いペースではないようです。
むしろロード乗り始めたばかりの女性が参加されたりするので、ゆっくり、楽しく走れるペースらしいのですが、今日は実力者ぞろいでなかなか良いペースでコースを全部走りきりました。

集団走行はスキルアップする良い機会ですが、クラブなど仲間がいないとなかなかそのような機会はありません。
このイベントでは、他の人と情報交換したりアドバイスを受けたりすることもでき、一人で走る時には得られない充実感があります。

普段一人で走っていて、なんとなくつまらないと感じている方や、走り方、コースに悩みを感じている方にオススメです。
セキヤスタッフも出来る限り参加させて頂きたいと思います。

参加された皆様お疲れ様でした。
また、このようなイベントを毎週企画、実行している高島さん、お招き頂きありがとうございます。

当店価格:プライスレス

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »