« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

城山湖

距離が長いわけでも、勾配がきついわけでもなく、ということは標高が高いわけでもないのが城山湖への登りなのですが、何故か良く通ってしまうルートです。

山中湖などからの帰り道で、413号から町田街道に抜けるときに脚が余っている(感覚が麻痺している)時に通るのですが、締めの一杯!という感じでだめ押しの充足感を与えてくれます。

頂上に公園があり休憩に最適なのですが、そこの水道はいわゆる水道水ではなく湧き水だそうです(出典:休憩中に話しかけてきたおっちゃん)。

また、町田街道から少し入れば美味しいジェラートが食べられるラッテという店があります。
女子大の隣のため学生客が多く、夏などはマンダムなかほりを漂わせていると嫌な顔をされますので気をつけましょう。

|

Mikiyaコラム2月21日

前回からかなり日にちがあいてしまいましたが、新たなネタがないので人のパクリ多少役立つ話をします。

自転車を乗り終わって降りるとき、ギヤをどの位置にしていますか。
最後に走っていたポジションのままの事が多いかもしれませんが、インナー×トップにすることをおすすめします。

なぜなら、そのポジションは
・チェーンが最も弛んだ状態
・シフトのインナーワイヤーがフロント、リアともに最も弛んだ状態
・ディレーラーのテンションが最も解放された(ワイヤーによって引っ張られていない)状態

のため、シフトワイヤー、チェーン、ディレーラーに負荷をかけないで済むポジションなのです。

実際自転車に乗っている時間よりも、乗らない時間のほうが長く、これをいつも実行することで少なからず各パーツにかかるダメージを減らすことができます。

この話は高校生のころ宮田工業のメカニックの方から聞いたのですが、もう習慣になっており家で保管するときはもちろん、走っている途中でコンビニに寄るときでさえインナー×トップで自転車を降りてしまいます(もちろんそこまでする必要はありません)。

まあ、乗っていないときくらい自転車も脱力させてあげてください。
走っているときはコキ使われてヒィヒィ言わされていると思われますので、、、。

|

ANTAREX NRX25用バッテリーホルダー

大人気の3Wライト、アンタレックスのNRX25ですが付属のホルダーではバッテリーの脱着が面倒で見Imgp2957栄えもよくありません。

そこでこのトピークの携帯ポンプ用ホルダーを使うとスマートに取り付けが出来ます。

Imgp2950← こんな感じで付属のホルダー以上にフィットします。

ライト本体については後日書いてみたいと思います。
セキヤ価格:500円

|

Ultra Sport Hometrainer

Imgp2911ローラーに乗るとき使用しているのが、コンチネンタルの専用タイヤウルトラスポーツホームトレーナーです。

普通のタイヤで固定ローラーに乗ると、トレッドの減りが著しいのでこれを試してみました。
てっきり全く減らないのかと思っていましたが、乗り始めて2~3時間くらいはタイヤカスがかなり出るので、乗った後の掃除機掛けは必須です。また、センタートレッドが減るまでタイヤが空転しやすいです。
Imgp2916

←トレッドがこれくらい減れば削れなくなります。
気になる騒音ですが、普通のタイヤで乗るとよく鳴る「キュルキュル」という音はしませんが大きな違いは感じられません。

古タイヤを持っていれば、それを使いまわしても十分かなと思います。

ちなみにこのタイヤはサイドが全くグリップしないので、公道では使用できません。

セキヤ価格:3,150円

|

Suwaコラム2月11日

こんにちは、今回はシューズカバーは必要だが、「脱着が面倒くさい」と言う意見をたまに聞きますので、そのような方にピンポイントアドバイスです。

当店スタッフも、自転車通勤の為、毎日のようにレーサーシューズをはいています。仕事前ですのですばやく脱着する為に、この様な工夫をしています。

0201suwa 毎回、シューズからシューズカバーを外していると、クリート部分に引っかかったり、不自然な姿勢で、シューズカバーを引っ張ったりして、腰痛になる方がいるようですので、この様にすれば、楽に脱着が出来る為、時間が短縮できますよ。ぜひ、お試し下さい。

シューズによっては困難な物もあります。分からない方は、来店して頂ければお教えしますよ。

|

VELOFLEX PAVEなど

Pave1

昨日は山中湖まで走って行ってみたい!という酔狂なお客さんと一緒に走ってきました。

幸い天気も良く、山中湖で7度くらい他は10度以上ありとても暖かく感じ、そのせいか前回は皆無だったサイクリストも、道志みちで2~3人見かけるなど絶好の自転車日和でした。


Pave2そんな中試してみたのはヴェロフレックスのパーベです。
感覚的なものを文章化するのは抽象的になってしまい、また人によってその基準も曖昧なので難しいのですが、「しなやか」なことは間違いないタイヤです。

乗って試してみるのが一番良いのですが、センターとサイドでグリップの差がありすぎるようなことやタイヤ全体が硬かったり(良く言えば剛性感がある)ことはなく、自然な感じの乗り心地&グリップを味わえます。

一度は試してみる価値のあるタイヤです。
セキヤ価格:4,000円
サイドが黒のブラックもあります。

Powerbar_1 補給食でパワーバーを食べましたが、気温が低いと固くなるので少し食べにくいですね。
←新しい味のココナッツフレーバー。おいしいのですが、味が夏のビーチを連想させるため寒々しい空の下で食べると何かミスマッチな感じがします。

セキヤ価格:280円

従軍カメラマンタビラさんに写真を撮っていただいたので(ありがとうございます)、少し小ネタを。

Mizukumi

←道志の道の駅はこのように湧き水を汲めます。



とにかく美味です。

Hamakkodoushi

←水はこのようにペットボトルに詰められ売られています。

|

Suwaコラム2月3日

こんばんは、シクロクロスシーズンは先日終了しましたが、自分が使用していたバイクを紹介したいと思います。日本未入荷商品や、現在入手不可の商品も有りますが参考にして頂ければ思います。

Suwabike0_1

Suwabikebrake_1 4ZAカンチブレーキ(現在日本未入荷)

ブレーキホルダーはBBBクロスストップ 

ホルダーはシマノコンパチです。カーボンシューやロード用のシューに交換できます。

セキヤ価格:3,120円

Suwabikesetting_1 バー下はほとんど持たないのと、アップライトなポジションを取りたい為、ブレーキレバーは非常に高い位置につけてあります。下からブレーキはかけれません。ちなみにロードも同じポジションです。

ハンドルバーミレニアム4エバー430mm(430mmは日本未入荷) セキヤ価格:10,400円

ステムミレニアム4エバー セキヤ価格:12,500円

マイバイクスペック

フレーム:VAN HOEIJEN(日本入手不可)

ホイール:スピナジーステルスカーボン(旧タイプ) ニュータイプは当店で扱っています。

タイヤ:ヴィットリアクロスエボXN セキヤ価格:3,300円

サドルセライタリアSLR XPレッド(現在生産終了)

|

De Feet ウールイーターソックス

Wooleator 最近人気のブランド(特にスタッフ諏訪の中で)De Feetですが、実際に使ってみると確かに良く出来ています。

試してみたのは”ウールイーター”というモデルで、メリウール*が62%使われています。
保温性のある生地を使用したソックスは得てして厚くなりがちですが、これは他の生地と厚さは変わりません。
履いてみた感じは、やはり暖かいです。いかにも保温性がある、自然な感じの温かみが感じられます。

足が暖まってくると多少蒸れる感じはありますが、気になるほどではありません。
適度なフィット感でデザインも良いので、つい普段履きにも使っています。

セキヤ価格;1,340円

*メリウールとは
保温性と伸縮性に優れ、適度な吸湿性も備えている。
弾力性があり、回復力が強いため型崩れしにくい。
カシミヤのように細い繊維と柔らかさはウールの中でもダントツ。
(メーカーカタログより)

|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »