« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

VAUDE Ultra Trail 20

Sany0046 昨年のサイクルモードで見たときから気になっていたブランド、vaudeが入荷したので早速使ってみました。

選んだのはUltra Trail 20というモデルで、特徴はカバーをかけることなく高い耐水性を実現している点です。
実際に今日を含め数日雨の日に使いましたが、中に染みてくることはありません。

Sany0047雨の日は他のバックパックの場合カバーを被せることになりますが、乗った後にカバーを乾かしたりするのが面倒で、また見た目も野暮ったくなるためあまり好きではありませんでした。
その点このバックはファスナー部にも防水加工が施されており、メーカーの言うところの「そのままシャワーで汚れを洗えるほどの高い防水性」は信じて良いと思います。

他に優れている点は、背中のパットとショルダー部です。

Sany0052 パットは8個独立して背中に当たる部分に付いており、使い始めこそ”何か当たる感じ”があり気になるのですが、慣れてくると背中から離れすぎずくっつきすぎず程よいフィット感をもたらしてくれます。
ショルダー部も左右つながっていて包み込む感じで、薄く作られているため圧迫される感じがありません。個人的にはドイターの厚手のものよりこちらの方がフィット感は良いと思います。

また、ショルダー部やウエストのホールド部分のストラップが余ってバタついてしまうことがSany0069よくありますが、抑える部分がストラップの先に位置できるのでそのようなことは全くありません。

難点を言えば収納が少ないことでしょうか。
両サイドにはメッシュの収納が付いていますが、鍵などのようなすぐに出し入れがしたい貴重品の収納に困ります。
Ultra Trail 20はヘルメットホルダー用の小さなポケットが付いているのでそれを使っていますが、本体を開けることなく小物をちゃんとしまえる収納が欲しいところです。

全体の感想として、軽量(650g)、かつ値段が安く、造りも良くできているので、満足している一品です。これからメインで使おうと思います。
20リットルモデルの他に12リットルモデルもあります(こちらはヘルメットホルダー無し)。

Sany0058

←ヘルメット収納時

Sany0053

←本体の収納

セキヤ価格:8,320円(Ultra Trail 20)、6,470円(Ultra Trail 12)

|

Suwaコラム4月23日

こんにちは、今日は自分のはいているSIDIを紹介します。

プロ仕様の真白にする為、市販のジェニウス5.5HTカーボンホワイトに手を加えています

Suwasidi1_1 Suwasidi_1

変更点は、ソフトインステップ、スーパーライトバックル、スーパーライトストラップを全てERGO2カーボンシモーニで使用しているパーツにに変更しています。

自分は白のジェニウス5で行いましたが、他のカラー、グレードでも色々な組み合わせが出来ますので、自分仕様のSIDIにしたい方は、相談に応じますよ。

ソフトインステップ:1,340円

スーパーライトバックル:1,030円

スーパーライトストラップ:510円

|

Suwaコラム4月16日

こんにちは、私ことですがサイクリングタイムにブルー新しいモデルRC-7の試乗レポートが載っております。

http://www.cyclingtime.com/pr/blue/01blue2007/

詳しくはウェブサイトに記載してありますの是非ご覧下さい。

|

sramフロントメカ

コンパクトクランクに変える時に直付け台座が高い位置にあるため、フロントディレーラーが届かなくて困っている方にオススメの商品です。

コンパクトクランクのチェーンリングはノーマルより直径が小さいため、フロントディーレーラーの位置をそれに合わせ下げなければなりません。
ところがコンパクトが出回る前のフレームでは、フロントメカ台座の位置がコンパクトを前提にしていない場合が多く、最大限下げても届かないケースがよくあります。
このまま使おうとしても変速の調子が悪く、解決策がありませんでした。

Force_front そこでこのsramのフロントメカを使うと届くようになるのです。
何故かと言うとフロントメカを固定するボルト穴が上下2箇所に開いているため、他のメーカーよりも下げて取り付けることが出来ます。
←の写真は下のボルトに取り付けた状態です。


Sany0042


実際に取り付けるとこのようになります。




Sany0041シマノのフロントメカでは4~5mmすき間があいていたのが届くようになりました。
もちろん変速も問題ありません。

当店価格:5,100(FORCE)、4,500円(RIVAL)

|

Suwaコラム4月7日

みなさんこんばんは、

本日は、FSAのコンパクトチェーンホイール用フロントメカの紹介です。

Fsafd FSAのクランク等は、お問い合わせが多いですが、皆さん、ご存知では無いのかどうか分かりませんが、FDの問い合わせが有りません

FSAクランクお使いの方は、このFDを使用したらいかがでしょうか。

バンド28.6、32兼用、直付けの2タイプが御座います。

セキヤ価格:5,100円

|

レイン用インナーグローブ

Sany0006 真夏以外の雨の日に乗ると特に手足は冷たく感じますが、そんな時いつも使っているグローブの下にこれを付けると結構暖かいです。

ラテックスでできており手にぴったりとフィットするので、厚手のグローブを付けたときのようにレバー操作がやりずらくなることはありません。

長く使っているとさすがに蒸れますが、1時間前後の通勤に使う分には快適に過ごせます。
今日の雨にはかなり重宝しました。

セキヤ価格:50円(1ペア)

|

ヴェルタ・ア・エスパーニャDVD

Vuelta 今までヴェルタは国内でDVDとして売られていなかったため、スカパーも入っていないのでなかなか映像としては見られませんでした。
3大グランツールの一つに挙げられていながら、あまり目立たないヴェルタですが個人的には去年のグランツールの中で一番面白い展開だったと思います。

カザフスタン出身のヴィノクロフとカシェキンの二人の連携は「よくここまで通じ合っているなぁ」と唸る走りでした。
同胞とはいえ、ベルツィンとウグルモフ、最近ではシモーニとクネゴのように仲たがいするケースもある中であの息の合った走りは感動的でもあります。

特に印象に残ったのは第17ステージです。
上りで、でマイヨオロ(リーダージャージ)を着るバルベルデと総合2位ヴィノクロフの集団から4位のカシェキンが抜け出し、それをバルベルデに追わせ脚を使わせたところでヴィノクロフがアタックしカシェキンと合流。
下りで捕まえられそうになりますが、捕まる直前にヴィノクロフがカシェキンを置いて抜け出しそのまま逃げ切ってゴールし、最終的に9秒差で総合トップに立った展開は最高でした。

トップのバルベルデに捕まってしまったら、アスタナ(カシェキンがアシストとして)が前引かなければいけなかったところ、ヴィノクロフが先行することでカシェキンは抑えに回りバルベルデに引かせ脚を使わせることができたのですが、分かっていてもなかなかできる事ではないのでかなり興奮した瞬間でした。

日本語解説の音声がないので(英語解説の日本語字幕はあります)それが楽しみな方には物足りないかもしれませんが、それを差し引いても余りある展開です。

セキヤ価格:8,480円

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »