« 集団走行時のブレーキング | トップページ | 丸子橋~二子玉川~丸子橋 »

集団走行時の付き方、先頭交代

集団走行は、ブレーキング、手信号と前の人と間隔をあけずに走ることを意識すればスムーズにいきます。

最初は前の人に付くことは難しいですが、慣れてしまえば難しいことではありません。
前を走る人が集団走行に慣れている人で練習するとやりやすいです。
前を走る人は、手信号を必ず出し、急ブレーキや急な進路変更はしないようにしてください。

・まず間隔は相手も良いので横にはみ出さないで、前の人に付いてみましょう。
○ ―   ―
× ― _ or ―  ̄
真後ろに付かないで横にはみ出てしまうと、空気抵抗を大きくなり集団走行をしている意味がありません。
また横に広がってしまうため抜かしていく車にとっても邪魔になります。
前が見えず不安かもしれませんが、前を走っている人を信用して走って下さい。
ここで悪い例で付き方をおぼえてしまうと、なかなか修正できません。

・慣れてきたら徐々に前の人との間隔を狭めていきましょう。
その時視線は前の人の車輪にいきがちですが、背中くらいまで上げないと視界が狭くなってしまいます。

・先頭交代で自分が先頭に立つときは、スピードを落とさないように注意してください。
空気抵抗を全部受けることになるので、意識しないとスピードが落ちてしまいます。
気をつけないとスピードが一気に落ちて、後ろの車間が詰まり落車ということも最悪あります。

・交代のタイミングは早めに。
集団が一定のペースで進むように注意し、自分が先頭から退くときも引けなくなってから替わるのではなく早めに、スピードを落とさないように合図をして少し左によけます。
慣れてくれば合図無しで交代が出来るようになります。

間隔を狭めて後ろに付ければ付けるほど、空気抵抗を受けずに走れます。
チームタイムトライアルなどは、正にどれくらいの間隔で走れるかを求められます。
通常のレースやトレーニングでは、ギリギリまで付く必要はありませんが、そのスキルがあれば何かと役立つので意識して走ると良いですよ。

⇒ ―  ―

 ̄ ― _

|

« 集団走行時のブレーキング | トップページ | 丸子橋~二子玉川~丸子橋 »