« CATEYE STRADA WIRELESS | トップページ | パレンティーニ K-DRY »

南房総ツーリング

気温、湿度ともに低くなり、走りやすい季節になりましたね。

台風一過の先週土曜日、妻と一緒に南房総を走ってきました。南房総を1周して約100kmなので、日帰りには丁度良い距離です。

房総半島はぐるっと回っていくと遠いですが、アクアラインや久里浜から出ているフェリーを使うと意外に早く行くことができ、海あり山ありで車も少なく楽しめる場所です。
この南房総は神奈川の高校の自転車部が毎年春合宿をする場所で、今回は懐かしみながら走れました。

<房総までの行き方>
今回は自宅から久里浜まで輪行し、久里浜-浜金谷はフェリーを使いました。
フェリーは約40分おきに出ており(所要時間も40分ほど)、往復で自転車込み1700円となかなかリーズナブルです。
猛者なら久里浜まで自走しても良いでしょう。

輪行袋など走る時に不必要なものは浜金谷から5kmほど南下した保田駅にコインロッカーがあるので、そこで預けると便利です。
ちなみに保田駅から1km南下したところにばんやという漁協直営の食堂とお風呂があるので、帰りに食事&入浴するのに便利です。

<ルート>
鴨川まで「嶺岡林道」という道を使おうとしたのですが、台風の直後ということもあり木の枝が路面いっぱいに敷き詰められている箇所が多く、ロードで走るのは困難だったためやむなく他の道を使いました。

この道は初めて通ったのですが、結構走りごたえのある評判の道らしく今度またチャレンジしてみたいと思います。

<輪行袋>
いつもはオーストリッチのL-100という小型・軽量タイプを使っているのですが、今回は走っているときに持ち運ばないのでロード220を使いました。Road22001

この2つのモデルの大きな違いは、ホイール収納用の中仕切りの有無です。
中仕切りがあるとやはり便利です。ホイールとフレームの固定が上端1カ所ですみます。
L-100は3カ所必要になってきます。
素早く輪行袋に収納したいときには、中仕切りは大きなアドバンテージです。
ロード220なら慣れればば数分で収納が出来ます。

輪行袋を持って走るときはL-100、持たないときはロード220という使い分けが良いかもしれません。


房総はとにかく広いので、色々コースが取れます。
定番コースに飽きた方にオススメです。

|

« CATEYE STRADA WIRELESS | トップページ | パレンティーニ K-DRY »