ペダリング

よくお店で「AとB、どちらのパーツが良いですか」、「オススメのパーツはどれですか」などと相談を受けますが、“どちら(どれ)を選んでも正解”ということが多く、「○○」と答えられないことがあります。

<基本的には自分の気に入ったものを>
使用する目的や頻度などを聞いて逆効果になったり、危ない場合は止めますが、基本的には自分の好みで選ぶのが後悔しないで良いと思います。
好きな選手が使っている、デザインが好き、とにかく軽い、など選ぶ理由は色々ありますよね。
自転車は構成パーツの点数が多く、乗る楽しみは別に所有欲をかき立てるの魔の乗り物とも言えるでしょう。

<速く走るにはパーツの影響は小さい>
ただし、速く走りたい、レースでいい結果を残したいからパーツを交換するという場合は話が異なってきます。
「こんな値段するのだから、さぞかし性能が良く速く走れるだろう」と思いがちですが、いわゆる軽量パーツや高級パーツは使うだけで見違えるように速く走れるようになるわけではありません。
薄い度が入った眼鏡と同じで、視力が少し悪い人が使う分には効果を発揮しますが、視力がとても悪い人が使っても見えないことには変わりありません。
いわばプロツール選手などは例えれば視力0.9なのを1.0にするために高価なパーツを使っていますが、私たちのレベルは0.1~0.5の大きな幅の中にいるといっても過言ではなく、同じことをしても心持ち見えやすくなるだけです。
0.1を1.0にすることはできず、0.2になったところでもともと0.5ある人には勝てません。

競技として考えるとパーツは最低限揃っていれば十分で、それ以上お金をかけても効果は?ということが多いです。
これは自分自身痛いほど思い知らされてきたことで(反対に思い知らせたことはほとんどないような、、、)紛れもない事実です。
速く走れるかどうかは乗り手次第なのです。

それでは速く走るためには何が必要なのでしょう。
たくさん乗ること?高負荷でトレーニングすること?
いずれも間違ってませんがその前にスムースなペダリングができないと、なかなか速くならないばかりか、故障したりしてしまいます。
とりあえずペダルを回すことは簡単ですが、奥が深く重要なのがペダリングです。 ペダリングスキルを習得しないまま乗っている人がとても多いです。

<ペダリングスキルとは>
スムースなペダリングは距離を乗れば自然にできるようになるわけではなく、意識しないと身に付かないスキルです。
大別すると次の2つになります。

(1) 踵が上がり過ぎず、落ちすぎない
(2) 最低100回転/分回せる回転力

(1)はプロのペダリングをレース映像などで見るのが一番わかりやすいと思います。サイクリングロードなどで見ていると必要以上に踵を上げ下げしている人が多いです。
(2)はケイデンスを計れるメーターがないと分かりにくいかも知れませんが、意外にこれを持続するのは大変です。これができないと高速域で走ることが難しかったり、すぐに脚が疲れてしまいます。

まずは90回転、95回転・・・というように徐々に慣らしていけば良いでしょう。欲を言えば120回転くらいを持続できるようにしたいところです。ペダリングが上手くできるようになると、速く走ることはもちろん、楽に走れるようになります。
実は速く走るためだけでなくゆっくり走るためにも必要な、自転車に乗る上で基本のスキルなのです。

文章だけでは分かりにくいかも知れません。コグコグの時やお店でスタッフに質問していただければ、お答えしますのでお気軽におたずね下さい。

|

集団走行時の付き方、先頭交代

集団走行は、ブレーキング、手信号と前の人と間隔をあけずに走ることを意識すればスムーズにいきます。

最初は前の人に付くことは難しいですが、慣れてしまえば難しいことではありません。
前を走る人が集団走行に慣れている人で練習するとやりやすいです。
前を走る人は、手信号を必ず出し、急ブレーキや急な進路変更はしないようにしてください。

・まず間隔は相手も良いので横にはみ出さないで、前の人に付いてみましょう。
○ ―   ―
× ― _ or ―  ̄
真後ろに付かないで横にはみ出てしまうと、空気抵抗を大きくなり集団走行をしている意味がありません。
また横に広がってしまうため抜かしていく車にとっても邪魔になります。
前が見えず不安かもしれませんが、前を走っている人を信用して走って下さい。
ここで悪い例で付き方をおぼえてしまうと、なかなか修正できません。

・慣れてきたら徐々に前の人との間隔を狭めていきましょう。
その時視線は前の人の車輪にいきがちですが、背中くらいまで上げないと視界が狭くなってしまいます。

・先頭交代で自分が先頭に立つときは、スピードを落とさないように注意してください。
空気抵抗を全部受けることになるので、意識しないとスピードが落ちてしまいます。
気をつけないとスピードが一気に落ちて、後ろの車間が詰まり落車ということも最悪あります。

・交代のタイミングは早めに。
集団が一定のペースで進むように注意し、自分が先頭から退くときも引けなくなってから替わるのではなく早めに、スピードを落とさないように合図をして少し左によけます。
慣れてくれば合図無しで交代が出来るようになります。

間隔を狭めて後ろに付ければ付けるほど、空気抵抗を受けずに走れます。
チームタイムトライアルなどは、正にどれくらいの間隔で走れるかを求められます。
通常のレースやトレーニングでは、ギリギリまで付く必要はありませんが、そのスキルがあれば何かと役立つので意識して走ると良いですよ。

⇒ ―  ―

 ̄ ― _

|

集団走行時のブレーキング

集団走行で難しいことといえば、前の人の後ろに付くことと、ブレーキングではないでしょうか。
今回はブレーキングについて書こうと思います。

この2つを心がけて走りましょう。
○緊急時以外は急なブレーキをかけない
○ブレーキはすぐに使わない

急ブレーキは「当たり前でしょ」と思われるかもしれませんが、集団の前方を走っている人が必要以上に強いブレーキをかけたために、その後ろの方で急ブレーキをかけている場面が結構あります。
集団の中でのブレーキングは常に「これくらいの強さだったら後ろの人は余裕を持ってブレーキングできるかな」と考える必要があります。

後ろを走っている人は、前の人と同じタイミングでブレーキはかけられません。
ブレーキは後をにいければいくほど増幅してかけられるので、ブレーキはなるべくマイルドにかけないとブレーキングのためのマージンをとらねばならず、車間を詰めようにも詰められません。

また速度調整など、大きく減速するのでなければなるべくブレーキをかけないで減速しましょう。
前走者がブレーキをかけてないのに速度差が出てしまったら(近づいてしまったら)、
・まず脚を止めます(できれば徐々に)
→ペダリングを止めることで結構減速できます。車の運転でも一緒ですが、前の車に近づきすぎたらまずアクセルを離して、次にブレーキという順番ですよね。
また足が動かなくなることで、後を走っている人も減速していることが一目で分かります。

・それでもダメなら半車身横に出ます。
― ― ― → ― _ ―
風圧を受けることで脚を止める以上に減速できます。
また、後を走っている人(3番目)の人も自分(2番目)が横にずれることでスペースができ、速度調整の余裕が生まれます。

なかなか文章で書くと難しく聞こえますが、要はブレーキに頼り過ぎないということです。
必要以上に減速しすぎてしまうと、結局その後加速しなければならず脚を使うことになります。
後ろの人の為にも、自分の為にも速度調整は最小限が一番です。

|

VELOFLEX PAVEなど

Pave1

昨日は山中湖まで走って行ってみたい!という酔狂なお客さんと一緒に走ってきました。

幸い天気も良く、山中湖で7度くらい他は10度以上ありとても暖かく感じ、そのせいか前回は皆無だったサイクリストも、道志みちで2~3人見かけるなど絶好の自転車日和でした。


Pave2そんな中試してみたのはヴェロフレックスのパーベです。
感覚的なものを文章化するのは抽象的になってしまい、また人によってその基準も曖昧なので難しいのですが、「しなやか」なことは間違いないタイヤです。

乗って試してみるのが一番良いのですが、センターとサイドでグリップの差がありすぎるようなことやタイヤ全体が硬かったり(良く言えば剛性感がある)ことはなく、自然な感じの乗り心地&グリップを味わえます。

一度は試してみる価値のあるタイヤです。
セキヤ価格:4,000円
サイドが黒のブラックもあります。

Powerbar_1 補給食でパワーバーを食べましたが、気温が低いと固くなるので少し食べにくいですね。
←新しい味のココナッツフレーバー。おいしいのですが、味が夏のビーチを連想させるため寒々しい空の下で食べると何かミスマッチな感じがします。

セキヤ価格:280円

従軍カメラマンタビラさんに写真を撮っていただいたので(ありがとうございます)、少し小ネタを。

Mizukumi

←道志の道の駅はこのように湧き水を汲めます。



とにかく美味です。

Hamakkodoushi

←水はこのようにペットボトルに詰められ売られています。

|