selle smp

最近とても問い合わせの多いSMPサドル。使っていたサドルがへたってしまったので、思い切って在庫で有ったSTRIKE COMPOSITというモデルを付けてみました。

Sellesmp_004 ご存知の方も多いとは思いますが、特徴としてはまず第一にパックリとベースが真っ二つになったデザインです。これによって「お股」への圧迫を軽減します。



Sellesmp_002 第二に、横から見ると他のサドルとは比べ物にならないほどきつい「S字」を描いたデザインです。これによって骨盤をすっぽりと受け止め、荷重を分散します。



まだ使用して300KM程度しか走っていませんが、第一の特徴パックリデザイン、これ確かに効果あります。これだけ隙間が開いているので当たり前ですが、お股は明らかに圧迫されません。よく「これだけ開いていると逆にエッジの部分に荷重が集中して痛いんじゃないの?」と質問されたりしますが、そういった感覚はありませんでした。

問題は第二の特徴S字デザイン。最終的にポジションがでれば全体に荷重が分散されて局所的に痛みが出ることも無く、パックリデザインを存分に生かして、お股前方にもしっかり荷重をかけ「骨盤を立てた」フォームを取ることが可能ですが、そのポジションを出すまでが一苦労でした。

これは私がパッドを全く持たないCOMPOSITという軽量モデルを選んだことに原因があるのですが、ピンポイントのポジションを出さないと、お尻の骨が変に当って痛みました。コツとしては上の写真のように、これでもかというぐらい他のサドルに比べて前上がりにし、前後位置もかなり前気味で取り付けることだと思います。そうすると前方にしっかり荷重がかかり、お尻の骨も後ろの反りあがった部分にしっかりサポートされるので、しっくりくるのではないでしょうか。

ただこれが他のしっかりパッドの入ったモデルならそれほど神経質にならずにポジション出しができると思いますので、重さにはあまりこだわらず、まず使ってみたいとお考えの場合はEVOLUTION・STRATOSあたりがお勧めです。パッド入りで一番細身・最軽量のEVOLUTIONでも結構しっかりパッドが入っています。

他に気づいた点としては、パックリデザインでも形状をしっかり保つためベース素材はやや固めです。SLRあたりの軽量サドルのような縦方向へのしなりがほとんどありません。その点からもパッドがしっかり入ったモデルがお勧めです。さらに結構ハイレール仕様なので、シートピラーの出しろは他のサドルより少なくなります。私の場合で7~8mm程度は引っ込めたかな・・。うちのスタッフSUWAは非常に自転車のビジュアルにこだわるので、ピラーの出しろが少ないと「カッコワルイ!」と却下されてしまいます。

と、非常にくせのあるサドルなことは確かですが、ポジションが出てからはなかなか快調です。ベース・レールとも耐久性の高い素材を使っていますし、本皮のトップもなかなか綺麗です。カラーバリエーションが豊富なのもうれしいですね。セキヤ価格をもってしても高価なのがちょっと痛いところですが、試してみる価値はあると思いますよ!

|