ツールドフランス

今、Cycling Newsのサイトでツールドフランス第19ステージ(個人TT)のテキストライブを見ていたら、大変な結果になってました。1位レイフェマー(ディスカバリー)2位エバンス(ロット)3位コンタドール(ディスカバリー)で、総合上位3人がそのまま3位以内に入ったのですが、総合タイム差が1位コンタドール→エバンス23秒、2位エバンス→レイフェマー31秒とものすごい僅差だ!次の最終ステージは例年パレード状態で最後だけペースが上がるが、この差だと途中のスプリントポイントでのボーナスタイム次第ではひっくり返る可能性もあるので、3000km以上走ってきた選手には酷でしょうが、是非最後までディスカバリーとロットのガチンコ勝負を見てみたい!そうすればドーピング問題に揺れた今年のツールも少しは救われると思います。

このブログの趣旨から少し外れる話題ですが、皆さんはドーピング問題についてどう考えていますか?私は、スポーツ選手という職業には限りなく厳しい倫理観が求められるものだと思っています。それは自分達が最初に決めた「ルール」の範囲の中で競うことで初めて見ている人に非日常的な夢や興奮や開放感を与えることができると思うからです。一歩引いて考えてみると、棒切れでボールを引っ叩いたり、網にボールを蹴り込んで喜んだり、自転車に乗って猛スピードでかっ飛ばしたり、およそ生産的とは思えないことばかりですが、それをみんなが共通に認識している「ルール」の中で行うことによって、同じ土俵で能力の差を競うことができ、自分ができないような高いパフォーマンスを人々は認識して感動することができるのだと思います。ボールは1個だというルールがあるのに一人だけもう1個ボールを持ってきて勝手にゴールに蹴り込んでも誰も感動しないし、ゴールはパリだといっているのに一人でミラノに走っていっても誰も見てくれません。大げさなたとえかもしれませんが、ドーピングも同じことではないでしょうか。「みんなやっているから」というのは選手だけの内向きの論理です。プロスポーツにおいては関係者全員・観客も含めた全員がルールを共通認識できなければ成り立ちません。

さらにドーピングがやっかいなのは自分の精神や体がむしばまれるといった簡単なことではすまないところです。非合法的な薬剤や医学機材をしようするということは、それを用意する「裏社会」の人間に金銭通じた関係が生まれるということです。麻薬と同じで自分の儲けを得るために薬漬けにしようとするものも出るでしょう。その薬によってプロスポーツの結果を左右できるとなれば賭博に関わる人間とのつながりも出てくるでしょう。

日本の自転車選手の言葉を聞いていても思うのですが、「厳しい練習をし、厳しい節制をしなければいけないので自転車選手というのは大変」という思いが強いようです。でも、厳しい言葉ですがそんなの当たり前だと思います。誰も自転車選手になることを強制してないのですから。自分で好きでやっているのですから。厳しくて辛ければやめればいいんです。ドーピングしてまで続けることはありません。なぜそんな厳しい思いをしても自転車選手をやりたいのかといえば、他の職業とは比べ物にならないほど多くの人に自分のパフォーマンスで感動を与えることができるということに尽きると思います。そのことに向かって純粋に努力する強い意志と倫理観が無い人間はスポーツ選手になる資格は無いと思っています。先に述べたようにルールを外れたスポーツほど非生産的なものは無いでしょうから、とっとと転職したほうがみんなのためだし、無駄な努力をしなくてすむという意味では自分のためでもあります。

とりとめの無い話で申し訳ありませんが、私自身高校生のときに始めて自転車レースに出会って(もう20年前か・・・)、その迫力にすっかり魅了されてしまったひとりです。極限まで研ぎ澄まされた人間同士の戦いが生み出すドラマが大好きです。だからこれ以上その思いをぶち壊すようなことが自転車レース界で起こって欲しくないという思いがあります。ちっぽけな自転車屋のしがない店員なので、できることは限られていますが、ただ物を売るだけでなく少しでも自転車レースの魅力を伝えていけたらいいのですが。熱い思いを持って(暑苦しくない程度に)接客をしますので、ご来店の際には遠慮なく声をかけてください。あ、もちろん自転車そのものが好きなのでレースに全く興味のない方もいらしてくださいね。

|

sramフロントメカ

コンパクトクランクに変える時に直付け台座が高い位置にあるため、フロントディレーラーが届かなくて困っている方にオススメの商品です。

コンパクトクランクのチェーンリングはノーマルより直径が小さいため、フロントディーレーラーの位置をそれに合わせ下げなければなりません。
ところがコンパクトが出回る前のフレームでは、フロントメカ台座の位置がコンパクトを前提にしていない場合が多く、最大限下げても届かないケースがよくあります。
このまま使おうとしても変速の調子が悪く、解決策がありませんでした。

Force_front そこでこのsramのフロントメカを使うと届くようになるのです。
何故かと言うとフロントメカを固定するボルト穴が上下2箇所に開いているため、他のメーカーよりも下げて取り付けることが出来ます。
←の写真は下のボルトに取り付けた状態です。


Sany0042


実際に取り付けるとこのようになります。




Sany0041シマノのフロントメカでは4~5mmすき間があいていたのが届くようになりました。
もちろん変速も問題ありません。

当店価格:5,100(FORCE)、4,500円(RIVAL)

|

selle smp

最近とても問い合わせの多いSMPサドル。使っていたサドルがへたってしまったので、思い切って在庫で有ったSTRIKE COMPOSITというモデルを付けてみました。

Sellesmp_004 ご存知の方も多いとは思いますが、特徴としてはまず第一にパックリとベースが真っ二つになったデザインです。これによって「お股」への圧迫を軽減します。



Sellesmp_002 第二に、横から見ると他のサドルとは比べ物にならないほどきつい「S字」を描いたデザインです。これによって骨盤をすっぽりと受け止め、荷重を分散します。



まだ使用して300KM程度しか走っていませんが、第一の特徴パックリデザイン、これ確かに効果あります。これだけ隙間が開いているので当たり前ですが、お股は明らかに圧迫されません。よく「これだけ開いていると逆にエッジの部分に荷重が集中して痛いんじゃないの?」と質問されたりしますが、そういった感覚はありませんでした。

問題は第二の特徴S字デザイン。最終的にポジションがでれば全体に荷重が分散されて局所的に痛みが出ることも無く、パックリデザインを存分に生かして、お股前方にもしっかり荷重をかけ「骨盤を立てた」フォームを取ることが可能ですが、そのポジションを出すまでが一苦労でした。

これは私がパッドを全く持たないCOMPOSITという軽量モデルを選んだことに原因があるのですが、ピンポイントのポジションを出さないと、お尻の骨が変に当って痛みました。コツとしては上の写真のように、これでもかというぐらい他のサドルに比べて前上がりにし、前後位置もかなり前気味で取り付けることだと思います。そうすると前方にしっかり荷重がかかり、お尻の骨も後ろの反りあがった部分にしっかりサポートされるので、しっくりくるのではないでしょうか。

ただこれが他のしっかりパッドの入ったモデルならそれほど神経質にならずにポジション出しができると思いますので、重さにはあまりこだわらず、まず使ってみたいとお考えの場合はEVOLUTION・STRATOSあたりがお勧めです。パッド入りで一番細身・最軽量のEVOLUTIONでも結構しっかりパッドが入っています。

他に気づいた点としては、パックリデザインでも形状をしっかり保つためベース素材はやや固めです。SLRあたりの軽量サドルのような縦方向へのしなりがほとんどありません。その点からもパッドがしっかり入ったモデルがお勧めです。さらに結構ハイレール仕様なので、シートピラーの出しろは他のサドルより少なくなります。私の場合で7~8mm程度は引っ込めたかな・・。うちのスタッフSUWAは非常に自転車のビジュアルにこだわるので、ピラーの出しろが少ないと「カッコワルイ!」と却下されてしまいます。

と、非常にくせのあるサドルなことは確かですが、ポジションが出てからはなかなか快調です。ベース・レールとも耐久性の高い素材を使っていますし、本皮のトップもなかなか綺麗です。カラーバリエーションが豊富なのもうれしいですね。セキヤ価格をもってしても高価なのがちょっと痛いところですが、試してみる価値はあると思いますよ!

|